家事の効率化の為にするべきこと

>

物は吊るして収納する

吊るす収納

床に物を置かない収納とはどういったものでしょうか?
それは物を吊るすことです。

クローゼットは勿論、つっぱり棒で吊るせる場所を作って物を吊るします。
そうすることにより家事をする際の動線に邪魔になりません。
さらに、ものが上にあるので物がすぐ目についていつでも物について考えることができます。

この吊るす収納で一工夫するならば、吊るしたものが動かせるようにすることです。
動かせれば整理も楽になりますし、家事も楽に効率よくできるようになります。
まとめるのも移動も衣替えも簡単ですね。

ただ、吊るしておくだけではなく自分の使いやすいようにカスタムできるんです。
それだけで家事がどれだけ効率よくなることでしょうか。
目につくことにより家事もしやすくなります。

吊るしてよいこと

吊るす収納には物が一目でつくほかにも効果があります。

それは、湿気対策です。
ダンボールや衣装ケースにいれっぱなしだと湿気がこもりがちですよね。
除湿剤や防虫剤の取替えが必要になってきます。

ですが、吊るすことにより空気が流れるので湿気の心配もありません。
今、吊るす防虫剤もありますし、いちいちかがまなくも済みます。
重たい荷物をいちいち広げる手間も省けるのです。

さらに吊るして収納することにより服のしわが少なくて済みます。
よってアイロンをかける手間が省けるのです。

洋服が見れるので同じような服を買ってしまったという失敗もなくなります。
今持っている服が一目でわかるのです。
そこからさらに断捨離すれば洗濯する手間も省けます。


この記事をシェアする