家事の効率化の為にするべきこと

物を捨てて家事を減らして効率的にしよう

主婦の忙しいお仕事である家事。
この家事の効率を上げるための収納方法というものについて考えてみました。

現役の主婦に聞いたところによると3つの方法があるそうです。

ひとつは、物を増やさないこと。
物が増えるとそれだけ片づける手間が増えます。
必要最小限のものだけ残して捨ててしまうことがいいそうです。
俗に言う断捨離ですね。
この断捨離の踏み切り方もご説明します。

次に、物の固定位置を決めます。
置いておく場所を決めておくのです。
そうすれば散らかりませんし、物も増えないので家事の手間が減ります。

最後は物を床に置かないことです。
床に置くことにより足場もなくなりますし家事をする動線がなくなるので動きにくくなります。
どんどん物を床に置くことにより家族の片づける意欲もなくなっていきます。
家族が片づけないとその分しわよせが必ず来ます。

ですから、家事をこなす際に効率よくするためにはまず家事の量を減らすことです。

そのための断捨離、位置づけ、床に置かないのポイントをおさえましょう。

もしかしたらなにか必要なものが増えて物が増えるかもしれません。
その際は、増やす分だけ物を捨てること。
そうすることにより片づける量も増えませんし家事も増えません。

家事の効率化の一番の方法は家事を増やさないことです。
毎日やらなくてはならないもののほかの家事が邪魔なのです。
少しでもやることが減れば効率も全然違います。
だって、やらなくてもいいんですから。

家事の効率化とそのための収納方法

家事で一番面倒なのが部屋の片づけです。 生産性のない一番いやな家事ですね。 この家事をなくす、減らす方法として断捨離というものがあります。 物さえなくなれば片づける家事も減ります。 その分効率よく他の家事もできるのです。 家事を減らすことが家事を効率よくしてくれます。

物は決めた場所に置くようにする

物を置いておく定位置を決めるというのも散らからない方法です。 片付けが家事の中で一番小さくてうっとうしい入家事なのです。 この位置を決めるだけで物が散らからずうっとうしい家事から解放されます。 その分ほかの家事をやることができるのです。 効率よく家事をするためには家事を減らすことも大事です。

物は吊るして収納する

家事が効率よくできる収納法として吊るすというものがあります。 その名の通りクローゼットや空いたスペースにツッパリ棒をして物を吊るすのです。 吊るすことにより物が目について片付けの効率が上がります。 また、洋服ならば湿気対策にもなります。 一石二鳥なのです。